脂肪吸引は顔にもできる!顔の脂肪を調整して理想のフェイスラインへ

病院に行けば顔の脂肪は楽に減らせる?

美容外科でよく行われている脂肪吸引と言えば、おなかやお尻などを連想する人が多いのではないでしょうか。でも、脂肪は体中の至る所にありますよね。自分の体の中で、どの部位の脂肪が気になっているかは人それぞれです。頬や顎の脂肪の量が増えて、顔だけが太って見えることを気にしている人もたくさんいますよね。自分の顔が大きく見えることが気になる、フェイスラインを整えて小顔美人になりたいと思っている人が利用しているのが、顔の脂肪吸引です。美容外科で余分な脂肪だけを落とせば、ダイエットでバストなどの必要な脂肪を減らさないで済むというメリットがあります。一度ついた顔の脂肪は落ちにくいので、脂肪吸引を活用しましょう。

顔の脂肪は一種類だけじゃない?

顔が大きいように見えたり、太って見えることで悩んでいる人は、頬の脂肪を少し取り除くと、スッキリした輪郭になって、小顔に見えることが多いです。頬の部分にある脂肪は大きく分けて2種類あり、浅い部分にある脂肪は、脂肪溶解注射をすることで減らすことができます。頬にできる脂肪の中でも、深い部位にできる脂肪はバッカルファットと呼ばれるもので、口の中から直接脂肪吸引する方法が有効です。口の中に5ミリ程度のとても小さな入り口を作り、そこから脂肪細胞ごと吸引してしまうので、何度も頬の脂肪が増えて悩まされることもありません。バッカルファットの量を調整することで、将来ブルドック顔にならないようにすることも可能です。

フォトフェイシャルとは、特殊な光を肌に照射することで美容効果を得る施術になります。照射するとメラニンなどに当たり熱に変換され、ダメージを与えて、コラーゲンを増生するため肌トラブルを改善します。