agaとは!?発症原因を正しく知ることが最大の対策に

どのような薄毛をagaと呼ぶのか

agaは男性型脱毛症、壮年性脱毛症などと呼ばれることもあり、成人男性に多く見られる脱毛症です。男性特有の体質や遺伝などが引き金となり、生え際や頭頂部などから薄くなっていきます。さまざまな脱毛症のなかでも重症化しやすく、頭髪がほとんどなくなる人もいます。agaの発症年齢は20歳以上が多いですが、なかには思春期くらいから薄くなる男性もいるので要注意です。発症が遅い男性だと40~50代くらいになってから自覚するケースがあります。男性が女性より薄毛になりやすいのは、男性ホルモンが女性よりも盛んに分泌されるからです。体毛が人よりも濃い、性欲が強いなどの条件に該当する男性は、agaになりやすいと言われています。

現在はagaが治せる時代になった

昔であればagaになったら進行を完全に食い止めることはできないと言われていました。抜け毛を減らして髪を少しでも守るという対策が一般的だったのです。現在はagaの治療薬が複数登場し、薬物療法で治せるようになりました。5α還元酵素がagaの起因になることが判明し、これを抑制すれば薄毛の進行を止めつつ、発毛させられることがわかったのです。

現在におけるaga対策は症状によって使い分けられています。ごく軽度であればセルフケア、または育毛サロンで対処ができます。急激に薄毛が進行している、薄くなってから時間が経過している、といった場合は医療機関で治療を受けるのが得策です。agaは進行性の脱毛症で、5α還元酵素を抑制しなければ加速度的に進行します。

昨今、aga治療(薄毛治療)が普及し多くの方のお悩みを解決に導いていますが、このagaを横浜近辺で治療したい方には横浜駅周辺のクリニックをおすすめします。人気専門院が揃っており、ネット上で比較もしやすいです。